トップページ

本場の英語が聞き取りにくい理由

あなたは、本場の英語が聞き取りにくいという風に聞いたことはないですか?

映画を見ていても分かるかもしれませんが、ネイティブの人達が話す英語は結構早くて、何を言っているのか分からない事って多いですよね。

英語を字幕で出してくれたらちゃんと意味を理解出来るのに、ヒアリングだけだとなかなか理解出来ないという事は、英語を習得しようとする場合にほとんどの人がぶち当たる問題でしょう。

おそらくですが、英語と日本語は話すリズムが違うからではないかと思いますね。

日本語は、一音一音をしっかりと発音する感じですよね。

これは、しっかりと母音を発音しているからです。

それに対して英語は、母音が少なく子音が多い単語構成になっています。

そのせいで、母音を発音するように発音していくとどうしても短くなってしまいます。

つまり極端に言うと、日本語の発音よりも英語の発音スピードの方が早いという事です。

これが、英語が早くてなかなか聞き取れない現象に繋がっているんだと思います。

なので、英語を習得する為に勉強をする場合は、スピーキングやリスニングも必ずやらなくてはダメなんですね。

決して避けては通れない事ですね。

その時は、発音のリズム等を頭に入れて勉強するようにすれば、上達しやすいかもしれません。

リスニングもスピーキングも、上達のコツは同じ事を何度も何度も繰り返す事です。

繰り返していく内に徐々に身体に染み付いていくようになり、上達していくのも分かります。

決して英語が聞き取れなくて諦めるのではなくて、これも仕方ない現象だとしっかりと受け止めて、習得勉強に励むことが大切になります。

勉強だけではダメ?

あなたは、英語習得は勉強だけではダメだと思いますか?

そう感じている方、もし今英語を習得しようとして一生懸命勉強をしているのなら、まずは意識を変えてみてはいかがでしょうか。

勉強するのを止めて、トレーニングする方法に方向転換してみるんです。

例えば、運動を極めようとした場合には、毎日毎日トレーニングしますよね。

英語もそれと同様で、習得しようとするなら英語トレーニングを毎日するのが一番良いと思いますよ。

もちろん勉強をするのも悪くはありません。

英語教材の勉強などで英語の知識は身に付くので、勉強は無駄ではないと思います。

しかし、知識だけでは実践には役に立たないんです。

喋れないし、聞き取れないと思います。

運動についても同じですよね。

運動に対する理論は知識として分かっていても、身体で覚えていないので、なかなか実践では活かされないと思います。

実践する為には、トレーニングをして身体に覚え込ませていく事が大切になるわけですね。

これと同様だと思います。

英語も知識だけでは実践には役に立たないので、トレーニングをして身体に覚え込ませる事で、実践で役立つようにしていく必要がありますね。

これだけで、中学生で習った英語だけでも充分に英語を習得できますよ。

一度勉強しているので、あとはトレーニングだけになりますからね。

よって、英語を本気で習得しようと思うのなら、勉強は止めてトレーニングしてみましょう。

その為の環境については、自分で整えても良いし、英会話カフェ等に行ってみるのも良いと思います。

こうした環境作りが、昔と違って今は簡単に見つかるので良いですよね。

それだけ、英語に対して必要性が見出されてきた証拠なのかもしれませんね。